越境エリア・三遠南信(さんえんなんしん=東三河、遠州、南信州)の情報紙「三遠南信Biz」:紙媒体+電子版=400円

越境情報紙「三遠南信Biz」

webmaster@sanennanshinの記事

2024年6月号

「あなたにとっての飯田線」を大募集

三遠南信Biz 6月号は飯田線特集。 そこで今回は飯田線に関するコメントを大募集中。締め切りは21日です

2024年6月号

三遠南信Biz6月号は「全振り・飯田線特集」

三遠南信Bizは東三河と遠州、南信州の記者、ライター、編集者、アナウンサーが交流しながら作っている媒体です。6月は飯田線大特集号

2024年5月号 2024年6月号

三遠南信 Biz5月号と6月号予告(随時更新)

リニア中央新幹線の開業は遅れても、三遠南信自動車道の全線開通はまだ先でも、遠州と信州の新しい交流が始まっています。三遠南信自動車道の進ちょく状況も詳しく解説

2024年4月号

三遠南信Biz2024年4月号 定価400円(年4,800円...

三遠南信自動車道の整備状況が分かる月刊紙「三遠南信Biz」2024年4月号の内容を紹介

2024年4月号

お詫び

三遠南信Biz2024 年4月号2面に掲載した沢渡あまね様プロフィールのルビに誤りがありました。正しいお名前の読み方は「 ...

2024年4月号

超入門「越境思考」と「#ダム際ワーキング」

「越境思考」とワ―ケーションの一つ「ダム際ワーキング」について、作家の沢渡あまねさんが分かりやすく紹介。動きがあった三遠南信自動車道の最新情報も詳しく掲載。

2024年3月号

女性経営者の人気コラム「女将ストーリー」

「あなたの人生はおもしろい。自分史を書いたら、読みたい人がいっぱいいると思う」-。愛知県新城市で日本料理店「清月」を営む青山芳子さんの半生は、学生時代の恩師が語ったこの言葉の通り、起伏に富んでいる。

2023年7月号

女将ストーリー 「17歳の夏に」

高校2年生の夏休み、私はライオンズクラブの交換留学生としてカナダでホームステイを体験した。1ドル300円の時代で海外に行くことがまだ珍しく、私の身を案じた親戚や知人からは両手いっぱいになるほどお守りが集まった。その中にはカエル(無事帰る)の置物もあった。

2023年8月号

女将ストーリー「麗しきコートダジュール」

 日本のバブル景気を特集した番組で「ヴァンサンカンツアー」が紹介されていた。25ans(ヴァンサンカン)という雑誌が企画したツアーで、私が参加したのは1984(昭和59)年の第2回「パリ・モナコ8日間の旅」だった。

2024年2月号 PR 新城市

女将ストーリー 「レコード日和」

日本料理「清月」女将・書家 青山芳子 アナログレコードの人気が世界的に高まっているようだ。80年代初めに登場したCD(コ ...

Copyright© 越境情報紙「三遠南信Biz」 , 2024 All Rights Reserved.