2019年8月号

月イチで出現する“幻商店街”の右肩上がりが続くわけは

更新日:

軽トラ市は三遠南信各地で盛んに開催され、成功している地域では移動販売ブームとリンクして右肩上がりが続いている。10年目を迎えた日本三大軽トラ市の一つ、愛知県新城市の「のんほいルロット」実行委員会のワーキンググループリーダー、森一洋さん(61)に運営のこつを聞いた。

新城市「のんほいルロット」ワーキンググループリーダーの森一洋さん

何もしなければまちは寂れる

テントでなく軽トラにこだわる理由、採算性、組織運営のこつ、研究者が提案する集合・分散方式…。答えは2~4面に網羅。

奥三河に「蒸留所」

新城市の湯谷温泉近くに「蒸留所」がオープンした。男性ドライバーが嬉々としてウインカーを出したが、喜んだのは…。

峠の向こう側は今

人口1987人余、高齢化率60・8%の水窪におしゃれなカフェがオープンした。そのわけは…

ぶれない米国志向

世間や地域がフランス風を目指そうが、私たちはあくまでアメリカンスタイルを貫き通します。

-2019年8月号
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三遠南信Biz , 2019 All Rights Reserved.