2022年2月号

浜松の人気カレーを飯田でも

更新日:

山ならではのアレンジ加えて ララカレー(浜松)とコラボ

全国的な人気を誇る浜松市のスリランカカレー専門店「ララカレー」の味が、今年から飯田市内でも楽しめるようになる。りんご並木の「カフェ三連蔵」(同市通り町)が今月から提供を始め、地元の食文化との融合も図る。

マトンを加えた飯田版ララカレー

ララカレーはスリランカ産のスパイスを使い、日本人向けにアレンジした本格的なスパイスカレー。2012年から楽天市場でネット販売を始め、累計販売100万食以上の大ヒット商品となった。浜松市の中心市街地に2016年にオープンした直営1号店は、8席の小規模店ながら高い収益率を誇る繁盛店となり、19年からフランチャイズチェーン(FC)店展開もスタート。長野県木曽郡王滝村にも店舗がある。

カフェ三連蔵など3店を飯田市の中心市街地で経営する「トラックワーク」代表の近藤サトルさん(49)は、共通の知人である愛知県田原市在住の画家でサーファーの山本拓也さん(50)=飯田市出身=を通じて、10年以上前から「ララカレージャパン」代表の廣畑秀明さん(42)と交流があり、かつては系列店でララカレーを使ったパスタを提供していた。

近藤さん(左)と廣畑さん(浜松のララカレーファクトリーで)

近藤さんは数年前からカレーの専門家を育てる「カレー大學」(東京)で学ぶ中で、廣畑さんが開発したカレーの真価を再認識し、同氏の許可を得て飯田での提供に踏み切ることにした。

浜松では沿岸部の地の利を生かし、カキやシラスなどの海産物を使ったカレーを提供しているが、飯田では焼き肉の定番食材として親しまれているマトンを使うなど、飯田ならではの魅力を盛り込みたい考え。

浜松のララカレーは海の幸をふんだんに使っている

4月後半からは自社開発したすずり型の焼き肉用鉄板を使い、スリランカカレーを焼き肉の締めに食べるセットメニューを系列店「旨肉酒場やきまる」(本町)で提供するほか、鉄板も発売する計画だ。

自社開発したすずり型の焼き肉用鉄板

近藤さんは「廣畑さんとは、長く三遠南信交流を実践してきた山本さんのおかげで以前からつながりがあり、満を持してスリランカカレーを提供することにした。マトン文化と…

続きは紙面でお読みください。

購読ページへ移動します

三遠南信Biz2月号ではほかに
ぷりっぷりの浜名湖の恵み「プリ丸」実食リポート

三遠南信は日本有数の花粉症飛散エリア 今年の飛散量は?

三遠南信自動車道・青崩峠道路で本線橋が完成 

浜松の三遠南信自動車道「水窪佐久間道路」でいよいよ…

二宮尊徳の教えと塩の道の新しい可能性~大日本報徳社(静岡県掛川市)鷲山恭彦社長インタビュー

報徳思想でつながる三遠南信(東三河、遠州、南信州の企業、地域、報徳結社の事例紹介)

飯田市の佐藤健市長「リニア三遠南信時代における飯田市のまちづくり」を越境セミナーで語る
【連載『古道再考』】秋葉街道の不思議な傾き(静岡県周智郡森町)

【リレーコラム】「飯田線ものがたり」の著者(浜松市天竜区在住)が語る小正月の風習

などの記事が読めます。

お取り寄せはこちらから

今、なぜ三遠南信か

今ならクイズに答えるとステッカーがもらえるキャンペーン実施中

 

三遠南信自動車道をイメージしたステッカーをプレゼントします

-2022年2月号

Copyright© 三遠南信Biz , 2022 All Rights Reserved.