WEB限定記事 伊那VALLEY映画祭

古関裕而が音楽を担当した戦争映画も上映(伊那VALLEY映画祭・見所①)

更新日:

天竜川流域を中心とした三遠南信地域の映画を通して、地域の価値を見出す「第2回伊那VALLEY(バレー)映画祭」(実行委員会、井上井月顕彰会主催)が11月12日から14日まで、伊那市西春近のかんてんぱぱ西ホールで開かれる。今年は「伊那谷ものがたり」「アイヌと伊那谷」「戦争の記憶」「朝鮮民族の流転」の4つをテーマに11作品を上映する。入場無料。

映画祭をPRする実行委員長の北村皆雄監督(右)

2日目の13日は、豊橋市が舞台の一つとなっているNHK連続テレビ小説『エール』の主人公・古山裕一のモデルになった作曲家、古関裕而が音楽を担当した戦争映画『戦ふ兵隊』(1939年、66分)など戦争関連の3本を上映する。

『戦ふ兵隊』は日中戦争下に戦意高揚を目的に制作されたが、厭戦的な内容のため公開禁止となり、戦後に見つかった約8割のフィルムが「幻の傑作」として70年代から自主上映されている。

現在放送中のエールで裕一は、数々の軍歌を世に送り出した自責の念からようやく解放され、同じ苦悩からいまだ抜け出せず、酒と博打に逃げる「福島三羽がらす」の一人・佐藤久志(伊藤久男)に手を差し伸べているところ。コアなエールファンなら、この機会にぜひ見ておきたい作品だ。

 

古関裕而が音楽を担当した「戦ふ兵隊」

その他の上映作品、映画祭の詳細は下記のリンク先を参照。

井上井月顕彰会(実行委員会)HP

 

 

 

伊那VALLEY映画祭のチラシ

-WEB限定記事, 伊那VALLEY映画祭

Copyright© 三遠南信Biz , 2020 All Rights Reserved.