三遠南信(東三河、遠州、南信州)のビジネス情報紙「三遠南信Biz」

三遠南信Biz

2020年12月号

2020年12月号

12月号の訂正

三遠南信Biz12月号2面のインタビュー記事中、「柚餅子(ゆべし)」の表記に誤りがありました。お詫びして訂正します。 & ...

2020年12月号

浜松餃子 まさかの4位からの巻き返し/「食べまいか」精神 点...

遠州のローカルフードといえば、まずは「浜松餃子」。「東の宇都宮、西の浜松」といわれ、2大消費地域として日本一を争っていた ...

2020年12月号

浜松は企業もすごいが食材も世界レベルです

「浜松には世界的な企業が多いが、食材も世界を目指せるレベルにある」ー。こう断言するのは、昨年4月に設立された民間団体「浜松パワーフード学会」代表理事の秋元健一さん(57)。浜松に17年いた徳川家康の躍進と、浜松市が大都市別の健康寿命で日本一となった原動力を「浜松の豊富な旬の食材」であると考え、320品目のブランディングを図っている。浜松産の野菜や水産物に絶対の自信を持ち、「世界に認められる日本一おいしい街・浜松」の実現を目指す秋元さんに、アフターコロナを見据えたビジョンを聞いた。

2020年12月号

三遠南信Biz2020年12月号は

トップインタビューは「世界が認める日本一おいしい街・浜松」の実現を目指す「浜松パワーフード学会」の代表理事、秋元健一さんが登場。長野県人も注目する浜松産食材のブランディングからは、経営のヒントとなるさまざまな気付きが得られます。

Copyright© 三遠南信Biz , 2021 All Rights Reserved.